nextでは、発達が気になるお子様に適切な療育とソーシャルスキルトレーニングを行います。|川崎市麻生区 新百合ヶ丘駅 児童発達支援・放課後等デイサービス「next」川崎市麻生区 新百合ヶ丘駅

10:00~19:00(月~金曜日)
9:00~16:00(土・日曜日)

044-400-7761

  • スマホメニューボタン
  • メールボタン
  • 電話
コースについて

コース一覧

児童発達支援コース

コース名 授業内容 時間 年齢
個別コース

個別療育では、原則40分間、お子様と指導員のマンツーマンで療育を行います。療育ではお子様に合った個別プログラムを作成し、得意分野を伸ばしながら、お子様のペースに合わせて、認知・言語・運動等、苦手分野の克服をしていきます。また、療育終了後は、保護者様と毎回10分間のフィードバックのお時間を設けております。

40分 0歳~6歳
小集団コース

個別コースで可能なことがお友達の前でもできるように、小人数の中で「できること、苦手なこと」を見極め、療育を実施していきます。
個別支援計画の作成は、個別コース同様3ヶ月・6ヶ月の目標設定を行い、それに基づき療育を行います。3ヶ月をめどにお子様の成長の様子をフィードバックし、新しい目標の設定や継続支援の必要性などについて保護者様と相談しながら、次のステップへ繋げていきます。

40分 0歳~6歳
小学校準備クラス

年長のお子様を対象に、就学に向けて課題姿勢の向上や数や平仮名など学習面の準備を目標に療育を行います。
個別支援計画の作成は、個別同様3ヶ月・6ヶ月の目標設定を行い、それに基づき療育を行います。3ヶ月をめどにお子様の成長の様子をフィードバックし、新しい目標の設定や継続支援の必要性などについて保護者様と相談しながら、次のステップへ繋げていきます。

40分 年長

放課後等デイサービス

コース名 授業内容 時間 年齢
個別コース

お子様の苦手な部分への支援をし、保護者様からのニーズにこたえられるように、定期的にアセスメントを行ったうえで、責任者・担当スタッフ・専門スタッフとの間で会議を行い、個別支援計画の作成をします。計画書に沿った支援が継続的に行えるように、毎回療育終了後に担当スタッフと保護者様でフィードバックの時間を設けております。

40分 小学生以上
ライフスキルクラス①(集団・送迎付)

集団活動の中で、各お子様の能力や苦手としていること、保護者様からのニーズに応じて、多方面にわたるプログラムを実施しています。定期的にスタッフ間で会議を重ね、プログラムの見直しを行っています。

80分~ 小学生~
ライフスキルクラス②(集団・送迎付)

集団生活の中で、友だちとのトラブルや感情のコントロールができない、落ち着いて話を聞けない等うまくいかない場面に対して、どのように対処するのかをプログラムを通して身に付けていきます。

80分~ 小学生~

児童発達支援コース

サービス内容は、利用するお子様の人数・ニーズ等により大きく変更する場合がございます。

個別コース

年齢
0歳~6歳
時間
40分

個別療育では、原則40分間、お子様と指導員のマンツーマンで療育を行います。療育ではお子様に合った個別プログラムを作成し、得意分野を伸ばしながら、お子様のペースに合わせて、認知・言語・運動等、苦手分野の克服をしていきます。また、療育終了後は、保護者様と毎回10分間のフィードバックのお時間を設けております。

プログラム例
  • 身の回りのことが自分で出来るようになる。 トランポリン・両足ジャンプ・片足立ち・紐通し・箸の練習・ボタン付け等、全身や手先を動かすことで、自信の身体の動かし方を身に付け、身の回りのことが自分で出来るように支援します。
  • 自分の要求を相手に伝える。 指導員が見本を見せたり、絵カード等を使用し、自分のやりたい事や相手にやって欲しいことを、身振り手振りや言葉を道いて伝える経験を積むことで自分の要求を相手に伝えられるように支援します。
  • 就学に向けての準備をする。 お子さまの好きな物や得意な課題を取り入れながら様々な活動を通して「できた」経験を積み重ねることで、苦手な課題や新しい課題にもチャレンジできるように支援します。
  • 就学に向けての準備をする。 鉛筆の持ち方の指導、文字のなぞり書き、具体物を使った数の操作等の学習準備を行います。また予定表や時計を使用し、見通しを持って課題に取り組めるよう支援します。

小集団コース

年齢
0歳~6歳
時間
40分

個別コースで可能なことがお友達の前でもできるように、小人数の中で「できること、苦手なこと」を見極め、療育を実施していきます。
個別支援計画の作成は、個別コース同様3ヶ月・6ヶ月の目標設定を行い、それに基づき療育を行います。3ヶ月をめどにお子様の成長の様子をフィードバックし、新しい目標の設定や継続支援の必要性などについて保護者様と相談しながら、次のステップへ繋げていきます。

プログラム例
お子様のつまずきや保護者様のニーズに合わせ、専門スタッフの視点を取り入れた個別支援プログラムを実施したいます。
  • お友達の前で発表をする。 「今日お昼食べたもの」「好きな動物」等のテーマを元に、お友達の前で発表する経験を積みます。適切な声の大きさ、正しい姿勢、お友達の方を向いて話すなど、発表するときのルールを指導していきます。
  • 順番を意識する。 市販の玩具などを使用し、順番に遊びをする中で自分のやりたい気持ちを押さえて待つ経験を積みます。順番の理解が難しい場合には、目で見て誰の順番かが分かるように、カードなどを使用して理解をしていきます。
  • インタビューをする。 好きな食べ物」「好きな色」等のテーマを元に、お友達に質問をしながら会話をしていく経験を積みます。相手の目を見てお話しする、お話が終わるまでは静かに待つ等、会話のルールを指導していきます。

小学校準備クラス

年齢
年長
時間
40分

年長のお子様を対象に、就学に向けて課題姿勢の向上や数や平仮名など学習面の準備を目標に療育を行います。
個別支援計画の作成は、個別同様3ヶ月・6ヶ月の目標設定を行い、それに基づき療育を行います。3ヶ月をめどにお子様の成長の様子をフィードバックし、新しい目標の設定や継続支援の必要性などについて保護者様と相談しながら、次のステップへ繋げていきます。

プログラム例
お子様のつまずきや保護者様のニーズに合わせ、専門スタッフの視点を取り入れた個別支援プログラムを実施したいます。
  • お友達の前で発表をする。 「今日園でしたこと」「好きな遊び」等のテーマを元に、お友達の前で発表する経験を積みます。適切な声の大きさ、正しい姿勢、お友達の方を向いて話すなど、発表するときのルールを指導していきます。
  • 板書の練習をする。 最初に、お道具箱から文字を書くのに必要なものを取ってきてもらいます。必要なものをそろえ次第、予め書いてある今日の予定の中から指導員が指定した箇所の板書を行います。 板書が終わったら、前に来て指 導員に見てもらい、お友達が終わるまで待ちます。文字を書くことがが苦手なお子様は、なぞり書きで書けるプリントを用意したり、補助の指導員と一緒に書いたりして課題に取り組みます。 課題が終了したら袋に入れて、元のお道具箱に戻します。
  • 学習姿勢を作る。 「声の大きさ」「良い姿勢」「静かにします」等の視覚支援を使用し、集団の中での適切な過ごし方を身に付けていきます。 視覚支援のみでは難しい場合は、ご褒美カードを用意しておき、「良い姿勢になる→ご褒美カードが貰える」といった経験を積んでいくことで学習姿勢を作っていき、 ご褒美カードがなくなった後でも自ら意識して課題に取り組めるように支援します。

放課後等デイサービス

個別コース

年齢
小学生以上
時間
40分

お子様の苦手な部分への支援をし、保護者様からのニーズにこたえられるように、定期的にアセスメントを行ったうえで、責任者・担当スタッフ・専門スタッフとの間で会議を行い、個別支援計画の作成をします。計画書に沿った支援が継続的に行えるように、毎回療育終了後に担当スタッフと保護者様でフィードバックの時間を設けております。

プログラム例
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング) 自宅や学校での他者とのコミュニケーションを苦手としているお子様に対して、カード・イラストを用いた支援や実際に指導員との会話を交えてロールプレイ等を行いながら他者との関わり方を学んでいきます。また、必要に応じて2~3人のグループ指導も行います。
  • 学習支援 お子さまの苦手なポイントや理解度に合わせ、それぞれのお子様にあった教材を提供し、丁寧な指導を行います。
  • 運動面の支援 姿勢の保持が難しい、学校の体育が苦手等、運動面での支援が必要なお子さまに対して、作業療法士の見立てを基に、平均台やトランポリン等を用いてお子様に合わせた方法で能力の向上を目指します。また、鉛筆も持ち方、文字のバランス等、手先の動作に苦手さがあるお子様への支援も行います。

ライフスキルクラス①(集団・送迎付)

年齢
小学生~
時間
80分~

集団活動の中で、各お子様の能力や苦手としていること、保護者様からのニーズに応じて、多方面にわたるプログラムを実施しています。定期的にスタッフ間で会議を重ね、プログラムの見直しを行っています。

プログラム例
  • 身辺自立 着替え、食事、排せつなどの要素を取り入れた活動と個々の発達段階に応じた実際の場面での生活動作の補助を通して、身辺自立を促していきます。
  • 手先の課題 季節にちなんだ壁面工作を行い、楽しく課題に取り組んでいきます。ハサミの持ち方、シール貼り、紐通しなど指導員の模倣や声掛けを取り入れながら学んでいきます。作品が完成した時の達成感や喜びをお友だちや指導員と共感しあうことで、自己肯定感を高めていきます。
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング) 指示理解やお友だちとの適切なコミュニケーション法などの社会性を身に付けるために、お友だちと協力して行うゲームやルールのある遊びを通して学んでいきます。
  • 粗大運動 日常生活動作に繋がる運動の基礎となる部分や身体の使い方をゲームや運動器具を用いて学んでいきます。お子様の苦手なポイントや能力に合わせてアプローチしています。

ライフスキルクラス②(集団・送迎付)

年齢
小学生~
時間
80分~

集団生活の中で、友だちとのトラブルや感情のコントロールができない、落ち着いて話を聞けない等うまくいかない場面に対して、どのように対処するのかをプログラムを通して身に付けていきます。

プログラム例
  • 想像力や思考力を養う課題 語彙を増やし、自分の感情を言葉で相手に伝えられるように、活動を通して学んでいきます。
  • 様々な課題を通したルール理解・指示理解 様々な課題のルールを理解するために、落ち着いて話を聞けるように促していきます。また、子どもたちの活動中の様子を見ながら、子どもたちに合わせてスモールステップでルールを提示しています。
  • 球技等を通した勝ち負けの意識・感情のコントロール 勝敗が求められる課題を通して、負けの受容や同じチームを応援するなどお友だちと協力するということを学んでいきます。また、活動中お友だちとトラブルがあった際、自分のことだけを考えるのではなく、相手の気持ちを考えられるように促していきます。相手の気持ちになることが難しい場合に、まず自分に置き換えて考えるようにアプローチしています。